今日も流されてく・・・ブログ
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








 志を持つニンゲンすべてへ


世間はとっても寒い寒いので、熱い熱い燃える漫画家、島本和彦先生の新刊を紹介します。
頼むぜ!アマゾーン!!
アオイホノオ 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)アオイホノオ 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)
(2008/02/05)
島本 和彦

商品詳細を見る


バンドの待ち合わせまでに時間があったので、川○アニメイトへ行きました。
最近発売されたばかりの漫画だというのに、新刊のコーナーにも積んでなくて、店内を3周ぐらいして、諦めかけてたのですが、店員さんと目が合ったので、訪ねる事にしました。
店員さんは細身な女性で丸い銀縁の眼鏡をかけて、肩ほどのまっすぐな髪を後ろでひとつに結んでいました。漫画本に囲まれた銀縁丸めがねの店員さんは僕に気がつくと、少し笑って挨拶しました。

僕 「あのぉ~、島本和彦の新刊って入ってますか?」
店員「えっ?なんて人ですか?」

聞き取れなかったのか、それとも、島本和彦を知らなかったのか?
島本先生をしらないなんて、アニメイト店員失格だな。
 
僕 「島本和彦です、ほら、アニメ店長の・・・」
店員「ああっ、燃えよペンの人ですよね。」
僕 「そそっ。そうっす。熱い人っす」

で、店員さんは「燃えよペン」がある島本和彦コーナーに僕を案内し、一緒に「アオイホノオ」を探してくれました。

店員「あるとしたら、ここにあるはずなんです・・・」
並んであるのは島本先生の現在までの本ばかりで新刊はどこにも見あたりませんでした。
僕「もしかしたら、もう売り切れたんでしょうか?」
店員「う~ん。どうかなぁ。ちょっと調べてきますね。」
丸めがね店員、なんだか、とってもいい人だ。

しばらくして、そそくさと小走りに彼女が戻ってきました。
店員「ありますよ。どこかに!」
「どこかに!」って言い切られても・・・店中探すの?

僕たちはほぼ同時にふと平積みしてる棚に目をやり、ほぼ同時に「あ!」と発声し、そこに積んであった「アオイホノオ」を見つけました。

店員「ありましたよ!これでよろしいですか?」
僕「ありましたね。これください!」
と喜びを分かち合いました。

あれ?

ちがーう!

そんな事を書きたかったんじゃなくって、この漫画のすばらしさを書きたかったんですよ。
でも、いろんなところでレビューされてると思うので、個人的な感想を。

もう一つのまんが道っす。庵野さん出てます。
ギャグマンガっすけど、表現者の苦悩と喜びが沢山かかれています。
そして、何かを志すニンゲンはどうしてこんなにもまばゆいのだろうと、思わずにはいられない。そんなマンガです。
島本和彦先生、ありがとうっす。
トンコさんは褒め上手ですね。素敵ッすよ!






2008⁄02⁄08 00:54 カテゴリー:未分類
▲pagetop










| HOME |


Copyright © 2017 ニンゲンって一体何なんですかぁ!?. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。