今日も流されてく・・・ブログ
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








 軸がぶれていない20年


ずっと買おうかやめようかと迷っていた本がありました。
これです。

大槻ケンヂ20年間わりと全作品大槻ケンヂ20年間わりと全作品
(2008/06)
大槻 ケンヂ

商品詳細を見る


そうかぁ。
オオケンを知ってもう20年にもなるのか・・・

この本はオオケンの関わったものわりと全作品についてのオオケンのコメントを集めたものです。当時の作品に対する思いや、製作秘話らしい事が描かれています。
筋肉少女帯の「仏陀L」から、最新のさよなら絶望先生のTVサントラ「絶望大殺界」まで。
あと、ラノベの元祖とまで言われているらしい小説「信仰宗教オモイデ教」の事や、去年映画化された「グミチョコレートパイン」などなど・・・
振り返ると、音楽もやって歌も歌って、小説も書いて、そんな事を20年も続けてるのに驚きです。
たいていの人は、どっちかしかしなくなるけど、なんとなく両方を続けているところが器用なんだとおもいます。

グロくて痛くてちょっとエッチなオオケンの世界が大好きです。

初めてオオケンを知ったのはナゴムで空手一家と天才バカボンってバンドをやってた頃。後に筋肉少女帯で11PMに出て「ドリフター」を歌ってるのを偶然見てしまい、なんとなく他人な気がしなくてファンになりました。
「仏陀L」はいつもiPodに入ってます。ヒステリックなオオケンの歌声が心の何かを代弁してくれている気がしたモノです。

ほぼ同世代の作家やアーティストが元気に活躍してると嬉しくなりますね。

一時、心を患って活動していなかった時期もありましたが、それもこれも全てをネタにしてしまうエネルギーは尊敬しますよ。オオケンを演じきってる感じがします。
本当に心身ともに大切に、これからも活躍して欲しいです。







2008⁄07⁄04 00:00 カテゴリー:未分類
▲pagetop










| HOME |


Copyright © 2017 ニンゲンって一体何なんですかぁ!?. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。