今日も流されてく・・・ブログ
 スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








 不条理について


フレンドリさんからメールを頂きました。
-------------------------------------------------------

【 名 前 】:フレンドリ
【 本文 】:
〈不条理〉
不条理って、辞書を引くと、
道理に反すること
人生に意義を見いだす望みの無いこと
とあります。
 何か、誰かのことみたいですね。

 文学としては、カミュやカフカがオリジナルかにゃ。カフカの「審判」なんか絶望しきってます。
 星新一さんと小松左京さんにもそうした傾向はあるけど、基本は道理のひとです。筒井康隆さんは不条理のひとです。どれか一冊というなら、「脱走と追跡のサンバ」を挙げておきます。
安部公房さんなら、「燃え尽きた地図」ですかにゃ。
  マンガでは、今ならやはり、「さよなら絶望先生」が一番ではありませんか。
 吾妻ひでおさんだったら、まんまなタイトル「不条理日記」があります。

-------------------------------------------------------
ありがとうございます。
不条理とはまるで僕らみたいやないですか!?
毎日が絶望です!

安部公房先生「燃え尽きた地図」のタイトルが気に入ったので、今日買ってきました。
あと、桜庭一樹先生の本も!
読んだらまた、感想なんざ書きますよ。

久米田康治先生の「さよなら絶望先生」は名作ですね。
対局にある赤松健先生のも読むと、もっと絶望できます。
あと、畑健二郎先生も読むと、素敵に絶望していいと思います。

審判 (岩波文庫)審判 (岩波文庫)
(1966/01)
カフカ、Franz Kafka 他

商品詳細を見る



脱走と追跡のサンバ (角川文庫―リバイバルコレクション エンタテインメントベスト20)脱走と追跡のサンバ (角川文庫―リバイバルコレクション エンタテインメントベスト20)
(1996/12)
筒井 康隆

商品詳細を見る

燃えつきた地図 (新潮文庫)燃えつきた地図 (新潮文庫)
(1980/01)
安部 公房

商品詳細を見る

さよなら絶望先生 第12集 (12) (少年マガジンコミックス)さよなら絶望先生 第12集 (12) (少年マガジンコミックス)
(2008/02/15)
久米田 康治

商品詳細を見る







2008⁄04⁄03 23:45 カテゴリー:おたよりのコーナー
▲pagetop










| HOME |


Copyright © 2017 ニンゲンって一体何なんですかぁ!?. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。